トイレトラブルにある様々な要因をチェック!

トイレの歴史

日本で初めて水洗トイレが出荷されたのは1914年です。それからトイレは和式スタイル、その後、様式スタイルがメインとなりました。今ではウォシュレット機能などが当たり前の時代です。そして、今もなお、トイレは進化し続けています。

トイレトラブルの原因TOP5

no.1

経年劣化によって起こるトイレの水漏れ

トイレは毎日使用するものです。当然ながら、自然に部品などが劣化し始めます。トイレトラブルを防ぐためには、掃除、メンテナンスを怠らず行うことです。トイレをケアすることによって、寿命を長くすることにも繋がります。

no.2

ウォシュレットによる水漏れ

近年増え続けているのがウォシュレット機能のあるトイレです。ウォシュレットは電化製品でコンピューター制御しているパーツもあります。コンピューターの不具合によっては、水漏れなどのトラブルが引き起こる場合があります。

no.3

ティッシュペーパーはつまりの原因

トイレットペーパーを切らしてしまった際に、緊急でティッシュを使用したことがある人もいるでしょう。ですが、ティッシュは水に溶けにくく、トイレつまりの原因となるので、使用を控えておくことが賢明です。

no.4

消臭剤のキャップなどは要注意

うっかり消臭剤のキャップなどを便器に落としてしまい、そのまま流してしまうとつまりの原因になります。無論、水によってキャップは溶けません。必ず、流さずにしっかり取り出しましょう。

no.5

嘔吐も危険なトイレトラブルの元

トレイで嘔吐したものを流すことはつまりの原因となります。嘔吐したものには油分が多く含まれている可能性もあり、水の流れを悪くします。嘔吐した際は、何度か水を流して油分を取り除くことを意識しましょう。

トイレトラブルにある様々な要因をチェック!

個室

自分で直すならラバーカップが便利

ラバーカップとはトイレつまり解消アイテムです。100円ショップでも販売されているので、常備しておくべきです。ラバーカップには様式用と和式用の2種類があります。自宅のトイレに合ったラバーカップを購入することによって、より一層効果を発揮します。

お湯を使ってつまりが解消できる

トイレットペーパーや排泄物によってトイレが詰まった際には、お湯が有効手段として使えます。お湯を便器に流すことで、つまりの原因をふやかして、流れを良くしてくれます。最適温度は40度から50度程度がベストです。

薬剤や洗剤も有効

トイレのつまり、流れが悪くなった際には薬剤、洗剤を使用するのも効果的です。便器に洗剤や薬剤を流し込む事で、つまりの原因を溶かしてくれる可能性があります。食器洗い用の洗剤などでも効果があるので、試してみるのも悪くありません。

トイレつまりの前兆

「水位の高さが普段よりも高い」、「トイレを流す際に異様な音が鳴る」、「流れが悪い」などの異変を感じたら、トイレつまりの前兆と言えます。つまる前にメンテナンス、掃除等を行い、対処を行うことが非常に重要です。

自分で直す時と業者に依頼する時の違い

費用を安く抑えられる

自身でトイレつまりなどを対処できた場合は、費用を安くすませられます。ですが、対処に失敗した際は、逆に悪化する恐れがあり、さらに費用が高くなる可能性があることも覚えておかなければいけません。

アフタフォローの充実

一度は自身でトラブルに対処できても、再度故障する恐れもあります。アフターフォローを行っている業者であれば、再度トラブルが起きても対応してくれるので安心です。

広告募集中