適切にトイレトラブルを解消してくれる業者には理由がある

トイレトラブルは業者に依頼するのが最適

理由がわからない水漏れや、つまりが起こった際、業者に迅速に連絡するのが一番です。自身で対処しようとすると、かえって被害が拡大する恐れがあります。まずは落ち着いて業者に連絡しましょう。

修理業者を選ぶポイントBEST5

no.1

会社詳細などがしっかり掲載されているかを確認

トイレトラブルなどで焦りは禁物です。業者を呼ぶ際は、安心、安全な会社を選ぶ必要があります。インターネットなどで、修理業者を選ぶ際に見過ごしてしまいがちなのが、業者の詳細です。住所など、当たり前のことが掲載されているかを必ずチェックしましょう。

no.2

実績、お客様の声が掲載されているか

実績やお客様の声が掲載されている修理業者は信用度も上がります。自身のトラブルと類似する事例などは非常に参考になるでしょう。ですが、過剰な実績、称賛の声は注意が必要です。疑いの目も持って、冷静になって見る必要があります。

no.3

事前見積もりを行う修理業者

修理を行う前に、見積もりを出さない業者は注意が必要です。修理後に高額請求されるトラブルなども、実際に起こっています。まずは、修理を行う前に見積もりを作成してくれるのかをチェックしておく必要があります。

no.4

アフターフォローを行ってくれるか

トラブルが解決して一件落着では無く、万が一の事も踏まえてアフタフォローの有無があるのかをチェックしておきましょう。再発知ってしまった場合も誠意を持って対応してもらえる会社かを知っておくことは、非常に重要です。

no.5

地域密着型のローカル業者で安心、価格抑えめを実現

大手修理会社などに、修理依頼を行っても地元の業者が来る場合があります。理由としては、地元の業者が大手修理会社と業務契約などを行っている時などです。同じ依頼を行うなら、直接依頼する方が安心で、尚且つ料金が安くなる可能性があります。

適切にトイレトラブルを解消してくれる業者には理由がある

個室

つまりを直したときの相場

つまりの相場は、つまっている場所などによって変わってきます。トイレのつまりなどであれば、8,000円程度が相場と言われています。また、便器を取り外して行う修理であれば、倍以上の値段が、かかる場合があります。そして修理方法によっても値段が変わります。薬剤や高圧洗浄などの修理であれば、割高になる場合があります。

依頼から支払いまでの流れ

水漏れのトラブルであれば、依頼を行う前に元栓を閉めましょう。元栓を閉めて、被害の拡大を防ぎ、修理会社に依頼します。そして、修理業者が現場に到着して、修理を行う前に見積もりを必ず出してもらいましょう。修理後の高額請求を防ぐ重要な手順です。無事、修理が終了して、トラブルが治っているかを自身で目視してから、支払いを済ませるのが正しい流れです。

水漏れを直してもらうこともできる

水つまり以外にも起きやすい、水回りのトラブルは水漏れです。水漏れトラブルは、自身で対処できるケースもあります。ですが、床下などの水漏れは、自力で対処できる範囲を超えている場合があります。また、知識のない人が対処しようすると逆に悪化する恐れがあります。水漏れ対応を行っている修理業者も数多くあるので、自身で対処できない場合は早急に相談するべきです。

業者はよく見比べて決めよう

修理業者は数多く存在します。中には悪質な業者なども存在しています。修理業者比較サイトなどもあるので、値段や安全性を見極めてから、安心できる業者に依頼を行いましょう。

広告募集中